English
英语
영어

( 2011.03.19 )

  稿


 福島第1原発への海水投下をめぐり、北沢俊美防衛相が 任務決断の責任を折木良一統合幕僚長に転嫁するかのような発言 をした ことに対し、自衛隊内から反発の声が上がっている。

 北沢氏は陸上自衛隊のヘリが17日に原発3号機に海水を投下した後、 「私と菅直人首相が昨日( 16日 )話し合いをするなかで結論に達した」 と政治主導を強調する一方で、 首相と私の重い決断を、統合幕僚長が判断し、自ら決心した と述べた。

 この発言について、ある自衛隊幹部は 「隊員の身に危険があるときほど大臣の命令だと強調すべきだが、逆に統幕長に責任を押しつけた」 と批判する。 北沢氏は17、18両日の2度の会見でヘリの乗員をねぎらう言葉も一言も発しなかった。

 首相も最高指揮官たる自覚はない。 首相は17日夕、官邸での会議で 「危険な中での作戦を実行された隊員はじめ自衛隊のみなさんに心から感謝を申し上げます」 と述べたが、地震発生以来、一度も防衛省を激励に訪れたことはない。

 こうしたなか、現職自衛官の悲痛な訴えが18日、インターネットメディア 「JBpress」 に載った。 海水投下も記述したうえで、こう締めくくっている。

 《 隊員を喜んで死地に向かわせるのは、自衛隊最高指揮官である内閣総理大臣をはじめとする、防衛大臣などの各級指揮官の堅確な意志と熱誠を込めた言葉です。 …死地に向かわせるなら、指揮官陣頭であるべきです 》

 首相、北沢氏は謙虚に一読すべきであろう。

 北沢俊美防衛相の17日午前の記者会見の要旨は次の通り。
     -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 今朝9時48分から自衛隊ヘリ部隊で、( 福島第1原子力発電所 )3号機に冷却のための水投下を4回実行した。 モニタリング時の1時間当たりの放射線量は高度1千フィート( 約300メートル )で4.13ミリシーベルト、300フィート( 約90メートル )で87.7ミリシーベルト。 散水後の線量は確認中だ。 午後に警察が放水車両1両で放水をする。 東電が所要の措置を実施した後、自衛隊が消防車両11両を用いて放水を実施する。 自衛隊は、東電が使用する米軍のポンプ車を現地に輸送中だ。

 今朝、任務を行う判断をした理由は?
北川防衛相: 昨日やる予定で実行に移したが、( 放射線 )濃度が高いため撤退した。 しかし、地上からの放水が、非常に高い濃度のためになかなか決断ができないという状況下で、今日が限度であると判断し、決心した。
 限度とは?
北川防衛相: 3号炉の現状報告に基づき、私と菅直人首相が昨日、話し合いをする中でそういう結論に達した。
 改めて投下するか?
北川防衛相: 必要に応じてやっていきたい。
 3号機に水がかかったのか?
北川防衛相: 間違いなくかかった。 ミッションが成功したことを期待する。
 16日は断念したが?
北川防衛相: それを繰り返していたら成果が上がらないということで、首相と私の重い決断を 折木良一統合幕僚長が判断し、統幕長の自らの決心 の中で投下を実行すべしということになった。
 隊員の健康状態は?
折木統幕長: どのくらいの線量を浴びたかは、これから集計をしないといけない。 安全上は現在のところ問題ない。
 実行した際の高度は?
折木統幕長: 1回目は300フィートよりも低い。

小心者や欲ボケは平気で敵前逃亡する。 頭の良し悪しではなく、器の問題。 ザルでは海水は汲めません。
幕僚長に責任を押し付けようとしている。 なぜなら、内閣の命令であるのに、幕僚長が判断したことになっているから。 うまくいったら政治主導のおかげ、しくじったら官僚の誤判断のせい、お見事な護身術です。
統合幕僚長云々はいらんのだよ。 「首相と私が決断した」 それで十分。 その決断を何故統合幕僚長が判断・決心しなきゃならん? 自らシビリアンコントロールを否定したようなもんだよな。 シビリアンコントロールを否定しているのでなければ、責任逃れのために統合幕僚長を出したとしか取れない発言だよ。
こんなん会社でも同じ。 責任は部下に、手柄は上司に。 押しつけられた部下も、更にその部下に同じことをする。 結果、部下はオーバータスクになり、まともな仕事ができなくなる。
自衛隊が少しでも独自の判断・行動をするたびに 「文民統制がぁ~」 と猛烈に批判されてた事を知ってるかい。 今は、文民統制の意味自体を知らない奴が総理だっけ?
普段はシビリアンコントロールを守れとキーキー騒ぎたてるくせにイザという時は決断丸投げかよ。 本当に政治家は糞ばかりだな。
自衛隊が独自に判断して動いた! これは軍の暴走だ! … って言わないの? 左翼内閣の皆さん?
こういう時基地外左翼って静かだよね。 普段あれだけ 「自衛隊はいらない」 とか大口叩いてるなら、今すぐ被災地行って自衛隊がいらないくらいの働きをしてこいよ。
これで二度目だからな …… 日本国のトップ陣が責任転嫁をしたのは。 尖閣諸島の問題でも仙石たちが決定したことなのに地裁が独断で決めたと発表し責任を押し付け逃げた。 そして、今回だ。 邪魔しまくったあとに手に負えなくなったら責任転嫁をして逃げ出す ……。
こんなトップについて行く奴いるか? 命をかける奴いるか? バカバカしくて泣けてくるが、被災地の人達、原発を放置した場合の被害を考えると行かざるを得ない。 これは悔しいだろうね …… 頑張れ!自衛隊員!
『統合幕僚長が判断し、自ら決心した』 心底下劣な最低の表現だと思うんだがね。
東電の社長が 「経営会議で結論に至ったが現場が独自の判断でした」 とか言ったらどうだよ。 責任逃れ以外の何者でもない。 この期に及んでこんなことを言ってる。 そして現場の隊員はこんな奴らの指示で死ぬまで残るかもしれない放射能の中に行く行かされる。 現場に来いとかじゃなくそんな下衆の命令で危険にさらされる現場の人は不幸だ。 こんなときくらい私の権限のもとに諸君日本を救ってくれくらい言えよ。
無能なんだから責任くらい取れよ。 責任取るのがいやなら上の立場に立つな。 権力は欲しいけど責任取るのは嫌とかそんなもんが通るか糞が。
どいつもこいつも丸投げ&責任回避。 秘書がやりました~ 知りませんでした~ 記憶にございません~ その癖アホのように 「国民のため」 と嘯く。 お前らはいつも 「自分のため」 に行動してるだけだろ。
卑怯なヤツだな。 それにしてもマスゴミがマトモに非難しないからって言いたい放題だな。
裏を返せば総理や防衛大臣が『水まきに行けよ』って言っても幕僚長が『いやです』って言えば拒否できるってことだろ? 現場のトップが勝手に軍を動かせるって言質を取ったことになる。 シビリアンコントロールは完全に崩壊した。
正直、自衛隊がクーデター起こして、今回の件で何もしていない無能な国会議員を逮捕して裁判にかけるっていうなら、自衛隊を支持するぜ。
首相か防衛大臣がお国のために死んで下さいと言うべきだろ。
北澤は防衛の素人だ! … と断定します。
以前、自民党の佐藤正久氏が国会質問に立った時、防衛相だった北澤はまともに答弁ができなくて立ち往生してしまったのです。 外国人地方参政権の問題で高市早苗氏が質問した時も、北澤からは素人のような答弁しか聞かれませんでした。 北澤は中国の軍拡に対しても、危機感をもつどころか、中国は脅威では無いとして、中国の軍事パレードを称賛していたくらいです。 一般人の自分でも中国の軍拡には脅威を感じています。
また、北澤は、防衛省大臣室で、革マル派元幹部 全4人 並んだ記念写真が、2月国会で、暴露されてました。 「革マル派は、3桁の数の殺人を犯した犯罪集団」 という解説もありました。





( 2010.02.12 )



米軍制服組トップのマレン統合参謀本部議長と
 北沢俊美防衛相は12日、閣議後の記者会見で、陸上自衛隊の連隊長が 「同盟というものは 『信頼してくれ』 などという言葉だけで維持されるものではない」 と発言したことについて、 「現場の指揮官が政治や外交について言及している。 シビリアンコントロールの観点からきちんと整理する必要がある」 と指摘し、連隊長の処分などを検討 していることを明らかにした。

 この大臣は文民統制をまったく理解していません そもそもこの連隊長の訓辞を全部把握した上での処分の検討なのでしょうか。 報道見る限り、特に問題ある発言のようには思えません。

 「同盟というものは 『信頼してくれ』 などという言葉だけで維持されるものではない」 … 当たり前の話です。
 現場の軍人同士が互いに信頼し、戦えるように普段から演習などを通じて信頼を熟成するのが必要なのはいうまでもないでしょう。

 「現場の指揮官が政治や外交について」 考えない戦争ボケ、軍隊ボケの方が宜しいのでしょうか。 そのような軍隊ボケがPKOなどで暴走するのが宜しいのかと。
 将校たるもの政治や外交に関する知識や教養が必要です。 フォーリン・アフェアー誌やジェーズ・デイフェンス・ウィークリー誌を読むような幹部よりもアサ芸だけ読んでいる将校がその地位に相応しいと。

 あれこれ意見は持っていても命令には従えば軍人として何の問題もありません。

 幅広い教養を持ち、対外的にも情報を発信できる将校の育成を目指すべきですが、この大臣にはそんな度量も見識もないのでしょう

 どうせ内局の茶坊主にご注進されてその気になっているだけでしょう。
 とかく北沢大臣は内局には覚えがいいようですから。

 仮に多少問題ありと判断しても上官、せいぜい方面隊総監が注意すればいいだけのレベルの話でしょう。 大臣が青筋立てて怒るような話じゃありません。

 北沢大臣が望んでいるのは党に絶対忠誠を誓う北鮮軍や中共軍のような軍隊なのでしょうか。 まあ、民主党や北朝鮮や中国様が大好きですから。 ならば民主国家たる我が国の防衛相には不適切な人物です。
 北沢大臣は 自衛隊を 「党の軍隊」 と勘違いなさっている のではないでしょうか。



この大臣はこんなトンデモ発言もしています。

「軍服海外調達 『聞いたことない』」
  「軍服を海外に依存するなんて話は世界中で聞いたことがない。 その国と危険な状態になったら、おんぼろ服で事に臨むのか」
 北沢防衛相の発言は 「自分はものを知りません」 と公言したのに等しいものです。 北沢俊美防衛相は自ら無知を晒しています。

「中国を日本の脅威と考えたことはない」
  「中国を日本の脅威と考えたことはない」 ならば、防衛費は半減でもOK? … ですネ、北沢防衛相!
 財務省や社民党あたりは大喜びですよ。
 中国が脅威でないならば、何が脅威なのでしょうか。 火星人でしょうか、怪獣でしょうか。
 大臣は国会答弁では 「防衛力の基盤的整備」 を壊れたレコードのように繰り返す。
  ‐ 回りに脅威なんかいません。
  ‐ だけと軍事的な空白があるのは良くないので自衛隊を持ちます。
  ‐ 存在するだけでいいです。
 …… というような発言( 鸚鵡のようにね、内局に言わされているのでしょうけど … )をしていました。
 米国のQDRすらも読んでいなかったようです。

文民統制( シビリアンコントロール )
「政府の文民の指揮のもとに職業軍人である軍隊の最高指揮官が置かれなければならないという近代国家の原則」
主権者である国民が、選挙により選出された国民の代表を通じ、軍事に対して、最終的判断・決定権を持つ、という国家安全保障政策における民主主義の基本原則である。
民主主義国において、戦争・平和の問題は、国民の生命・身体の安全・自由に直結する、最も重要な問題であり、であるからこそ、主権者である国民が、国民の代表を通じて、これを判断・決定する必要がある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~