( 2011.04.16 )

 



 政府が東日本大震災の被災者向けの仮設住宅について、「震災発生から2ヵ月で3万戸供給する」 と掲げた目標について「3万戸完成」 ではなく、「着工できる環境が整備された状態が3万戸」 としていた ことが15日、わかった。 国土交通省が明らかにした。 被災地では仮設住宅の早期完成を望む声がある中、「供給」 という言葉を「完成」 とは違う解釈で使ってきた ことへの批判が出そうだ。

 大畠章宏国土交通相は3月15日の記者会見で「 2ヵ月で大体3万戸の供給が可能という状況になった 」 と説明。 4月5日の記者会見では「 この2ヵ月で3万戸 」 に加えて「 プラス3ヵ月ぐらいで3万戸の仮設住宅の建設を要請することにした 」 と述べ、5ヵ月で6万戸の供給を目指す意向を示していた。

 国交省も、今回の大震災で必要な仮設住宅は約7万2千戸とみている。 しかし、15日時点の着工状況は、完成したのが岩手県陸前高田市の36戸のみで、着工済みが1万395戸、着工の見通しが立った分も385戸にとどまっている。 今回の震災は被災範囲が広範で、仮設住宅の用地取得の調査開始が遅れるなど、2ヵ月で3万戸の「 完成 」 はすでに困難との見方が広がっている。

 ところが 国交省は 「供給」 の意味について 「用地取得も資材確保も済み、建設業者が着工できる環境が整っている段階だ。 住宅の完成や避難者の移住ではない意味で使ってきた」 ( 住宅生産課 )と釈明する。

 阪神大震災時に震災担当相秘書官だった自民党の小里泰弘衆院議員は 「完成・入居の状況になってはじめて『供給』 だ。 菅政権は、取り繕うことに懸命になっている。 正確な情報を発信しないと現場は混乱する」 と指摘。 与党からも早速 「言葉遊びだ」 ( 閣僚経験者 )との批判が出ている。





( 2011.04.27 )

 

 東日本大震災の被災地に、海外メーカー製のコンテナ式2階建て仮設住宅が数千戸できる見通しになった。 国土交通省が輸入業者を募り、数十社が名乗りをあげた。 用地不足のなか、国内メーカー製の平屋建てよりも、効率よく土地を使える利点がある。

 中国や韓国、タイなどのメーカーが意欲を示している。 国内製仮設住宅は壁や床を被災地に運んで組み立てるのが一般的。 海外製はコンテナごと輸入するので建設に人手や時間がかからない。 ただ輸送費が割高なため、1戸あたりの建設費用は国内製と同程度の約400万〜500万円する。

 標準的なタイプの2階建て仮設住宅は、台所、風呂、トイレ、押し入れを備え、和室( 約4畳 )と洋室( 約3畳 )の2部屋。 1戸あたりの広さは国内製仮設住宅とほぼ同じ30平方メートル弱だ。 今後、国交省が業者を審査し、岩手、宮城、福島の3県に紹介する。

 各県は早ければ5月に発注し、7月には完成する見込み。 県側には 「うなぎの寝床のよう」 と敬遠 する声もあるが、国交省は利点を訴え、数千戸を供給したい考えだ。





【韓国KBS報道】
 
 韓国国営放送報道。仮設住宅の大半を韓国メーカーに発注すべく契約目前。覚え書き締結までいっているというはなし。発注理由は、韓国の支援に報いるべく恣意的な選定である ― とのこと。



日本自治団体、韓国産資材輸入で恩返し
<リポート>
 超大型の地震津波が日本東部海岸を焦土化させて、3ヶ月を越えたが、まだ家を失った20万人が学校の講堂と村の会館などで避難生活をしています。
 これらを受け入れるのに必要な臨時住宅(仮設住宅)は10万軒余り。
 日本自治団体がこのうち6万8千軒を韓国から輸入することにして市場調査を担当する代表団を派遣しました。
 すでに国内の4〜5個業者と了解覚書を締結した状態で、地震が起きた時に最も積極的に助けた韓国 に大部分の物量を配分しました。
 <録音>ヒロツネ・ヨシオ(日本リングカースグループ会長/日本市場調査団代表):「今回の地震で心配をかけて韓国国民に申し訳なくて、いろいろな韓国の支援に対して心深く感謝申し上げます。」
 6万8千軒の分量の資材を全て納品する場合、業界では1兆ウォンを越える経済効果を期待しています。
 <インタビュー>イ・ヤンホ(建設業者代表):「私どもの業界でも良い機会と考えて、工期・納期日を遵守して日本国民が暖かく冬を越せれば良いです。」
 契約が実際に成し遂げれば 韓国の地震被害助け合いで始まった韓日間の和解の雰囲気 にさらに一層肯定的な影響を及ぼすと見られます。
 KBSニュース ファン・ジョンファンです。
<アンカーコメント>
 地震被害の被災者たちのために臨時住宅を建設している日本の自治団体が必要な大部分の資材を韓国から輸入する方案を推進しています。
 地震被害の時に受けた助けに報いる意味だといいます。
 ファン・ジョンファン記者が報道します。

韓国からは何の支援も来てないだろ、復興需要を外国にたれ流してどうすんの?!
各新聞は全く報じないな。どの新聞も各国の有名紙の報道チェックしてるのに …… KBSのこのニュース知らないわけないんだよなぁ
おいおい、震災のときに韓国はほんのわずかな義捐金を送って、代わりに竹島よこせって言った国だぜ。しかも日本が竹島をよこさないからって、その後の民間の義捐金は韓国政府が取り上げて、その金で、竹島に施設を建てた外道の国だぜ。こんな国に商売させてやる必要も、金なんてやる必要もない。民主ってどんだけ韓国に弱み握られてるんだ?それとも家族殺すとでも言われてるんか?
民主党は韓国に侵されてる。普通に考えて日本製を使うのが当たり前ですよね?今は復興と経済活性化が最優先なのに、支援に報いてる時ですか?頭狂ってる…
なんでクソ韓国に発注する???なぜ国内、又は被災した地域のメーカーに発注しない???民主党に投票したバカ国民は責任を取って下さい!!!!
民主党の皆さん相変わらず帰化前の祖国のために貢献しているんだね。
テレビ局が総力あげて日本の国益損なう報道には力を入れてるのがわかります。北朝鮮の国営放送と同類。世界のモラルからもかけ離れてるね。朝鮮半島は。
悲しいネ。「韓国が積極的に支援してくれた国」なんて。台湾やトルコその他諸々、恩返しとして送ってくれた国に対して申し訳ない。少なくとも民主党政治には終焉を望みます。
日本国内メーカーは、怒れ、民主議員会館へデモをしろ。労組・経団連はなにをやってんだ民主に猛抗議しろ!!
民主党は中韓の傀儡政権だよ、黒だよ真っ黒。民主党代表選挙権を持つ在日サポータ、在日献金、朝鮮学校無償化、外国人参政権etc …… 他にもたくさんある数え切れない。
どんなにお花畑の人でもいい加減気づくと思うけど、民主党は日本のためには絶対に動かないよ!そろそろ何かしら行動起こさないと日本やばいんじゃないかな?
日本復興なら国内メーカーにするのが当たり前じゃん …… 民主党マジでなくなれ!!!!!!!!!!!!



( 2011.06.16 )

   
 




  

 みなし仮設住宅制度の導入が遅れたことは、住宅メーカーにも大きな打撃を与えた。 仮設住宅の建設予定戸数がいきなり減少したためで、震災直後から政府の求めに応じて建設資材を準備してきたメーカーは、行き場のない在庫の山に頭を抱えている。

 「 柱や合板からユニットバスまで、1千戸分以上の在庫を抱えそうだ 」

 大手住宅メーカーの担当者がため息をついた。

 政府は震災直後からプレハブ建築協会に仮設住宅の供給を要請。 必要な戸数は4月上旬、約7万2千戸に達し、専門のプレハブリース業者のほか、通常はプレハブを扱っていない住宅メーカーも含めて、住宅業界が総掛かりで対応した。

 そんな状況がみなし仮設導入後に一変必要戸数が激減し、約2万1千戸分が宙に浮いた。 各社は発注済み資材のキャンセルを強いられ、間に合わない分は大量在庫となった。

 住宅メーカー幹部は 「 仮設用に通常の住宅資材を短く切断して利用したり、ユニットバスも小型のものを特別に注文したりして対応してきた。 今さら通常の顧客向けに転用することはできない 」 と指摘。 「 最終的に廃棄処分も考えなければならない 」 ( 大手住宅メーカー )との声もある。

 業界側は水面下で政府と対応策を協議している。 しかし、 政府は 「資材調達は業者の責任だ国費での負担軽減などは一切考えていない」 ( 国土交通省 )とにべもなく、 業界からは 「今後は政府への協力を控えたいのが本音だ」 ( 別のメーカー )との不満が漏れる。





■ こんな話も来ました。利権仮設住宅。
「 仮設住宅に関してですが、当初岩手県などは社団法人 日本プレハブ建築協会を通してしか仮設住宅建設を依頼しておりませんでした。 数が足りないとの報道を見て、お役に立てるならと動いたのですが各都道府県単位での発注とのことで役所に問い合わせしたところ、結局利権でした。 」

■ 仮設住宅ひどいな
利権の塊だ。 岩手なんて750万もするらしいし、福島でも600万らしいぞ。
こんな話も(↓)。 大体、仮設住宅って税金の無駄だよ。 その辺のアパート借り上げた方が安いだろう。
「 岩手は今回は冷房付き750万です。 小沢氏関連の建築屋に聞いてみて。 床職人1日8万円 」