English
英语
영어

( 2011.03.26 )


 


 「原子力に詳しい」 と吹聴していた菅直人首相( 64 )が、有識者に 「臨界ってなんだ?」 と尋ねていたことが分かった。 「臨界」 は、原子力を少しでもかじったことのある人なら誰もが知る言葉だけに、あきれることを通り越して不安をかき立てられるようなエピソードだ。 こんな人に原発対策や震災後の復興を任せていいのか。

 まさに“無知全開”ともいえる裏話を報じたのは26日の日経新聞。 それによると、菅首相は 「役所や東電とは違うセカンドオピニオンがほしい」 として呼び寄せた有識者に対し、 「臨界ってなんだ」 と聞いたという。 原発に関する 「臨界」 は、 「原子炉で核分裂の連鎖反応を起こし続ける状態」 を指す。 大阪府在住の大学講師はこうあきれる。

 「最初に『臨界』という言葉に触れるのは高校物理。 『反射の限界点』を指す『臨界点』という言葉を習う。 大学で原子力を学べば、すぐに出てきますよ。 1999年の東海村臨界事故で注目された言葉でもある。 菅首相は本からも先例からも、何も学んでいない のでしょうか

 福島第1原発の事故を受け、東工大出身の菅首相は16日、官邸で 笹森清内閣特別顧問と会談、 「私は原子力に詳しいんだ」 と胸を張った。 さらに、東京電力本店に自ら乗り込むパフォーマンスを演じ、原子力に詳しい学者3人も内閣官房参与に起用した。 ところが実際には、基本中の基本を知らなかったことが露呈 してしまったわけだ。 菅首相は 財務相時代にも、経済学の基礎用語である 「乗数効果」 と 「消費性向」 を取り違え、知識不足を露呈 したことがある。

 そんな菅首相が率いる政府は25日、福島第1原発から半径20-30キロ圏内の屋内退避区域に対し、自主避難を促した。 当初の3キロ圏から10キロ圏、20キロ圏に小出しで広がり、ついに自主避難になる泥縄式 だが、これについて 菅首相は 「専門家の判断を尊重した」 と責任転嫁

 政治ジャーナリストの角谷浩一氏は 「菅首相は 無知なのに思いつきで行動 する。 反対する人は排除し、ダメな結果でも自画自賛 する。 厚生相時代の 「カイワレ神話」 が自分のなかに残っており、根拠を示さなくても自分が 『安全だ』 『頑張ろう』 と言えばみんな付いてくると思っている。 いま、世界中で 『菅首相に日本が壊される』 と心配する声 が上がっています」 と危機感を募らせている。

 日本史上最悪の放射能漏れ事故に対応する最高指揮官が、原子力の基本知識である 「臨界」 を知らないのだから、もうここに到っては笑うしかない。 国運を左右するような大規模な災害や事故への対応は、例えるなら戦争の指揮と一緒であり、素人同様の指揮官では、最初から勝てるものも勝てないだろう。 地上波の反日極左テレビ局の社員は、急いで麻生太郎のバー通いを叩いたのと同程度に、菅と民主党政権を叩いて 自民党との大連立か、再度の政権交代を促さないと、日本そのものが丸つぶれになる可能性がある。 彼らは事の重大性を果たして理解しているのだろうか。

 皮肉なことに、前回の衆議院選挙で自民党にお灸を据えるという思い上がった気持ちで反日売国の民主党に政権を取らせた国民に、今度は大地震という自然の大災害が、原子力事故の放射能で文字どおり“お灸”を据える状況になっている。 菅内閣の無能さと相まって、随分ときついお灸になりそうである。

 民主党政権は今後、食品や飲料水の放射能の規制値を緩和する方針のようだが、放射能事故の直後に規制値を緩和するなどほとんど狂気の沙汰のようにしか思えない。 この調子で政府の都合の良いように規制値を緩和し続けていったら、どれだけ国民の健康に被害が出るか分かったものではないだろう。 放射性物質の漏れに合わせて規制値が緩和されていったのでは、信用もへったくれもない。 すぐに健康に影響は出ないかもしれないが、10年後、20年後に影響が出れば同じことだ。

 日に日に状況が悪化し、未だに解決のメドすら立っていない福島原発の事故だが、重大な事故やトラブルにおいて、事態の深刻さを把握出来ず、根拠もなく楽観していると、たいてい事態は更に悪い方へと向かう。 テレビで 「立ち上がろう日本」 だとか 「がんばろう日本」 だとかいうACのCMを盛んに流しているが、放射能漏れの事故が収まらない限り復興もへちまもない。 民間のチャリティ活動でそういうフレーズを使う分には構わないだろうが、公共組織が金をかけてしつこくテレビで流す内容と言えるのだろうか。 上っ面だけのCMをカットしてその経費分を募金し、テレビ局の経営を圧迫してくれた方がよっぽど日本のためにも被災者のためにもなるが、国民の不満が民主党政権に向かないようにするための、プロパガンダの一面もあるのかもしれない。

 非自民系で極左の菅直人が首相の座に着いている限り、第二、第三の大災害が起こる可能性は否定出来ない。 民主党がこの事態を打開するために出来るのは、自民党にお願いして大連立を組んでもらい、首相を自民党のしかるべき人物にやってもらうことである。 衆議院の解散権を自民党に献上してしまうことになるが、そうでもしなければ自民党も首を縦に振らないだろうし、自民党としては当然の戦略でもある。 原発担当相などというスケープゴートの職を提示されても、まともな人間なら引き受けるはずがないのである。

 無能な民主党政権をよそに、在日米軍が八面六臂の大活躍で多くの日本人を救援してくれているが、日本人の一人としてこの場を借りてお礼を申し上げたいと思う。 アメリカや在日米軍に対して批判的だが、多くの日本人を助けてくれた行為に対しては感謝しないわけにはいかない。 今回の活躍で日本人の在日米軍に対する意識はかなり変わるのではないかと思うが、在日米軍の果敢な救援活動が、多くの日本人の心に信頼感を植え付けたことだけは間違いなさそうである。

 民主党のクソ議員などは、放射能漬けで家族もろとも何人くたばろうが知ったことではないが、今後の日本を背負う子供達に放射能の影響が出るのはなんとか避けて欲しいものである。 地元の岩手が甚大な被害を被っているのだから、小沢も菅を引き摺り下ろすくらいのことはしても良さそうだが、まあ所詮外道は外道、期待をするだけ無駄ということなのかもしれない。



[]



 私が菅直人と聞いて思い出すのは 「堺O157事件」 またの名を 「カイワレ事件」 だ。 というか、この事件のインパクトが強すぎて他の印象がない。

 今から14年ほど前( 平成8年7月12日 )、大阪府堺市で学童に下痢・血便を主症状とした集団赤痢が発生した。 14日には26人の発病者の13検体からO157が発見された。 10歳と12歳の女子児童がO157が原因と思われる溶血性尿毒症候群により死亡した。 9月末で受診者は学童6309人、教諭92人という大規模な集団発生となった。 そのため原因究明が行われた。 しかし、容易に原因が判明しなかった。 症状からO157であることはほぼ確定していたものの、感染源は不明という状態だった。

 ただ、O157は大腸菌である以上、動物の排泄物から食品を経由して感染したことは確かだ

 そんななかで、所管官庁である厚生省の大臣であった菅直人はO157の感染源は 「カイワレ大根」 とする記者会見を開いた。 当時、厚生省では詳細が分からないため週明けの月曜日にということだったが、菅直人はそれを押し切り記者会見を強行。 結果、 「O157の原因はカイワレ大根」 という報道が日本国中を駆け回り、スーパーの店頭からカイワレ大根は撤去され、出荷は停止し、多くのカイワレ農家が大打撃を受けた。 また、その騒動の中で、大阪府下のカイワレ農家が破産、家族離散、自殺などが相次ぎ、社会問題となった。 それを収拾するために菅直人はテレビカメラの前でカイワレサラダを頬張るパフォーマンスを見せた。

 しかし、風評被害はとどまるところを知らず、多くの農家が大損害を受け、破産、自殺が相次いだ。 その理由は多くの農家がカイワレの水耕栽培のための施設を借入金で建設していたことにあった。 この事件の結果、返済ができなくなった農家は破産した。 国による救済はなく、大臣であった菅直人はカイワレサラダを食べたことですべてが済んだという姿勢だった

 カイワレ農家やカイワレ農家の団体は、大阪、東京地裁に損害賠償を求めて提訴。 地裁、高裁で厚生労働省は敗訴。

 大阪地裁は 「当時のO-157感染症の発生状況に照らし、これから更なる調査を重ねなければならない状況下において、かかる過渡的な情報で、かつ、それが公表されることによって対象者の利益を著しく害するおそれのある情報を、それによって被害を受けるおそれのある者に対する十分な手続的保障もないまま、厚生大臣が記者会見まで行って積極的に公表する緊急性、必要性は全く認められなかったといわざるを得ない」 として、 「中間報告の公表は、相当性を欠くものと認定せざるを得ない」 と公表方法の過失を認定した。

 また、大阪高裁は 「公表することによって被控訴人が被る打撃や不利益に思いを至せば、その時点では、公表すべき緊急性、必要性があったものということはできない」 として、 「公表方法の選択が政策的判断であるという見地に立つとしても、その判断には逸脱があり違法である」 と公表方法の過失を認定した。

 さらに、菅直人がしたカイワレサラダ一気食いのパフォーマンスに関して東京地裁は、 「( カイワレ業者などが )納得するのであれば、批判の限りでない」 が 「( カイワレ大根がO-157に汚染されていたという )自ら招いた疑いを解くことができると期待してのことであれば、国民の知性を低く見過ぎるのではあるまいか と批判した。

 しかし、菅直人氏はいまだに、この件に関して反省も謝罪もしていない。 そして、 「事件後消毒されたことは明白で証拠隠滅が図られた」 といまだにカイワレ大根がO157の原因であったと主張を続けている

 

 




( 2011.03.28 )

  ――

   


 原子力安全委員会の班目春樹委員長は28日午後の参院予算委員会で、菅直人首相が東日本大震災の発生翌日の12日早朝に福島第1原発を視察したことについて、 「首相が 『原子力について少し勉強したい』 ということで私が同行した」 と述べ、首相の判断であることを明らかにした。 自民党の佐藤ゆかり氏への答弁。

 首相は12日午前7時すぎにヘリで第1原発に降り立ち、1時間弱滞在し、職員らから状況の説明を受けた。 同日 午後3時半ごろに1号機で爆発が起きており、首相の視察で現場の初動対応が遅れたとの指摘もある。 これに関し、班目委員長は 「現地において、特に首相が行ったことによって混乱があったとは承知していない」 と述べた。

   原発事故への対応に追われる中、首相は16日、笹森清内閣特別顧問に 「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」 と話している。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~