English
英语
영어

( 2012.03.12 )



 東日本大震災発生から1年を迎えた2012年3月11日、「日本人は地震で一瞬に死んでください」 「私が殺すとすれば日本人!」 などと、たどたどしい日本語で語る若い男性の動画が 「ユーチューブ」 にアップされ、ネットが騒然となった。

 日本では、世界中の人にこの酷い動画を見てもらおうと英語、フランス語などの字幕を付けようとの呼びかけが始まり、アメリカの掲示板 「4chan」 には 「All Japanese be killed in an earthquake」 というスレッドが立てたれた。




 問題の動画は 「ハ~イ 日本人たちよ、こんばんは」 で始まり、 「あなたたちは被爆しているんですか? もう直ぐ東京でも大地震が発生して死んでしまうのですか?」 と問いかける。 そして、人を殺そうと考える場合は日本人をイメージしていたが、殺す必要がなくなった、と続ける。 それは日本人が勝手に自滅してくれるからで、
 「あ~気持ちいい。 それでは、これから日本の復興を、ずっと見守りながら、楽しんでまいります。 一瞬に死んでください、日本人の皆さん」
 と語って動画は終了する。

 アジア系の顔をした男性で、金髪に染めている。 日本語はたどたどしく、紙に書かれた原稿を読んでいるような感じだ。 ネットでは、大震災の 「3.11」 を狙った投稿であるのは間違いなく、ここまで日本人の気持ちを逆なでする男性はいったい誰だと騒然となった。

 ネットでは、投稿したのは日本に住んでいたこともある韓国籍の若い男性だとし、新宿区歌舞伎町でホストをしていた、などいう情報も流れているが、本当かどうかは分かっていない。

 男性はネットで騒ぎが大きくなると、この動画を削除した。 しかし、録画されていて 「ニコニコ動画」 など複数の投稿動画サイトに次々に転載され、数十万人規模で閲覧されることになった。

 すると男性はこの日、別の動画をアップし先の動画は日本人を侮辱するためではなく、自分の日本語が通じるかを試すためだった、と釈明。
 「いま、必死に、日本のサル達が、私を攻撃しています。 私の目に、は、あなたは理性的に考えることが出来ない、動物に見えます」
 と反論した。



 男性は、自分はもともと反日ではないとしたうえで、笑ってもらうためだったが、日本の人から理解してもらえないのは、韓国を否定しているからだという理屈を展開している。
 「お前らが、興奮し、私を個人攻撃したその瞬間から、あなた方と私の罪は同じだったろう。 私は反日、そしてあなた方は嫌韓だ」
 そして、死ぬまで反日を貫く、などとも発言した。 さらに、動画を転載するのは肖像権違反であり、自分への攻撃も告訴に値するため、もう少し考えて生きて欲しいなどと忠告している。

 ネットではこの男性に対する激しいバッシングが起こっていて、掲示板 「2ちゃんねる」 にはスレッドが数十も乱立する盛大な 「祭り」 になっている。 そしてこの動画の酷さを全世界の人に知ってもらおうと、英語、フランス語、スペイン語などの字幕を付け、動画投稿サイトに拡散させる呼びかけが起こっている。 また、アメリカ版 「2ちゃんねる」 として知られる 「4chan」 にも 「All Japanese be killed in an earthquake」 というタイトルでスレッドが立てられている。





( 2012.03.13 )

 


 東日本大震災から1年後の2012年3月11日、韓国人と思われる男性が、 「日本人は地震で一瞬に死んでください」 と発言した動画がユーチューブでアップされ、日本のネットで激しい反発が起こったが、これが韓国で報道されると、ネットの反応は逆だった。

 「大統領にしたい」 「現代の安重根義士だ!」といった賞賛の声があがり、 「韓国は震災で援助したのに恩知らずな日本人」 などと逆バッシングの様相を呈している。




 この動画で、問題の男性は、自分が人殺しをしたいと思うときにイメージするのは日本人だが、殺す必要はなくなったと、たどたどしい日本語で語り、殺す必要がなくなったのはまた大地震が起こるからで、 「日本人は一瞬に死んでください」 と発言。 バッシングが激しくなると、この動画を削除。 新たにアップした動画では、
 「必死に、日本のサル達が、私を攻撃しています」
 と話し、自分がアップした動画を笑って見ることができないのは韓国を否定する姿勢だからであり、自分は今後ずっと反日を貫く、と語った。

 韓国の有力紙 「国民日報」 電子版は、2012年2月12日付けでこの話題を報じ、動画をアップしたのは21歳の韓国人男性で、この動画を見た日本のネチズンが怒っている。 韓国人の 「蛮行」 を知らせるため、この動画に各国語の字幕を付け、複数の動画投稿サイトにアップし始めた、と説明。 その動画には、 「彼は特別ではなく、平凡な韓国人男性」 「韓国人が日本に対して言うことを信じないで」 といった文字が入っている、と書いている。

 韓国人が今回の 「事件」 をどう捉えているのか。 この 「国民日報」 記事にはコメント欄があり、多数の書き込みがあるのだが、その大半が、アップした男性に対し 「よくぞ言ってくれた!」 「現代の安重根義士だ!」 などと称賛するものだった。




 例えば韓国で口蹄疫被害があったときに、日本人は掲示板 「2ちゃんねる」 で 「おめでとうと言った」。 女優のキム・テヒが来日しようとしたときに殺害予告が出たなどと、日本も同様に酷いことをしている、というのだ。 さらに
 「日本で過去の歴史に対する反省、清算しようとする動きはないし、自分たちはうまくやったと臆面もない様子を見ると、大地震に何度も見舞われればいいと思う」
 「震災では私たち国民、芸能人、大企業が多くの援助をしたが、日本人は、彼らが過去の犯した蛮行を覚えていないように、韓国の援助を覚えていない」
 「日本が我々に友好的であるとかあったのかな? 自分たちが不利と見れば頭を下げ、有利だと容赦なく、つけ込んでくる。 それが彼らの根性です」
 などと書き込まれている。

 もちろん中には、 「日本人の友人がいていい人です」 「日本大陸は津波の防波堤だから大切にすべき」 という意見もあるのだが、日本人を擁護しにくい雰囲気が漂っている。

 今回の動画問題とは直接関係がないが、13日の産経新聞によると、大震災への海外からの支援金は、台湾、米国に次いで韓国が3番目に多い。 だが、韓国内の世論調査では今もなお50%以上が 「日本は嫌い」 のまま。 韓流ブームもあって、韓国への親近感が50%を超える日本とは国民感情に落差があるという。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~