English
英语
영어

( 2012.03.12 )

 

 政府が11日に主催した東日本大震災の一周年追悼式典で、台湾代表として出席した台北駐日経済文化代表処の羅坤燦らこんさん副代表が指名献花から外されるなど冷遇されたことが分かった。 12日の参院予算委員会で世耕弘成氏( 自民 )が明らかにした。

 野田佳彦首相は 「台湾の皆さまに温かい支援をいただいた。 その気持ちを傷つけるようなことがあったら本当に申し訳ない。 深く反省したい」 と陳謝した。 藤村修官房長官は 「十分にマネジメントできていなかったことについてはおわびしたい」 と述べた。

 世耕氏によると、政府は約160の国と国際機関の代表に会場1階に来賓席を用意したが、羅氏は 「民間機関代表」 と位置付け、2階の企業関係者などの一般席に案内。 指名献花からも外し、羅氏は一般参加者と献花したという。

 世耕氏は 「台湾の友情に応えるべきではないか。 一人の日本人として台湾の皆さまにおわびしたい」 と政府の対応を強く批判した。

 台湾は、大震災の際、世界最大規模の約200億円の義援金を寄せた。 政府は昭和47年の日中国交正常化後、台湾を国として承認していないが、代表処は事実上の大使館にあたる。





( 2012.03.13 )

  

 政府が11日に主催した東日本大震災の一周年追悼式典で、台湾代表の出席者が指名献花から外されるなど冷遇された問題で、藤村修官房長官は13日午前の記者会見で 「外交団と いう仕切りの中で整理され、外務省と内閣府で調整済みだったと後から聞いた」 と述べ、対応に問題はなかった との認識を示した。

 また12日に開かれた玄葉光一郎外相主催の各国高官のレセプション( 歓迎会 )には、台湾代表を招待したことを明らかにした。

 追悼式典には台湾の事実上の大使館にあたる台北駐日経済文化代表処の羅坤燦副代表が出席したが、 「民間機関代表」 との位置づけで、企業関係者などの一般席に案内された。

 この件について野田佳彦首相は12日の参院予算委員会で 「本当に申し訳ない。 深く反省したい」 と陳謝しており、一夜にして謝罪を覆した





( 2012.03.13 )

 


 陳冲行政院長( 写真 )はきょうの国会質疑で、日本政府が11日主催した 「東日本大震災1周年追悼式」 で、中華民国( 台湾 )の代表に 「外交団」 として献花する機会が与えられなかったことについて 「非常に遺憾だ」 と述べた。

 11日のセレモニーで、台北駐日経済文化代表処の羅坤燦副代表( 副大使に相当 )は、各国と国際機関の代表に用意された1階の座席でなく、企業や団体関係者が座る2階席に案内され、一般参加者として献花した。

 楊進添外交部長は今後の対応などについて、野田佳彦首相が12日に陳謝したことに言及するとともに、日本に対する台湾の支援は、 「感謝されたい」 という気持ちでなく、真の思いやりに基づいた行動 だとの考えを示し、 「台日関係は一本の花束などで表せるものではない」 と強調した。





( 2012.03.14 )

  


 政府が主催した東日本大震災の一周年追悼式典で、台湾の代表が指名献花から外されるという扱いを受けた。

 震災で93の国・地域、国際機関から寄せられた義援金や救援物資は集計分で計175億円だが、これに含まれない台湾は単独で200億円超もの義援金を寄せた。 日本政府の対応は、人から受けた恩を忘れない日本的精神からも恥ずべきものである。

 台湾の代表は 「民間機関代表」 と位置づけられ、各国代表らに用意された会場1階の来賓席ではなく、2階の一般席に案内された。 この問題が取り上げられた参院予算委員会で、野田佳彦首相は 「( 台湾の人々の )お気持ちを傷つけるようなことがあったら本当に申し訳ない」 と陳謝した。

 しかし翌日の記者会見で、藤村修官房長官は 「外交団という仕切りの中で整理され、外務省と内閣府で調整済みだった」 と述べた。 首相の謝罪を否定するかのような礼を欠いた説明 だ。

 昭和47年の日中共同声明によって日本は中国と国交を樹立し、台湾との外交関係は消滅した。 藤村長官は参院予算委での答弁で、日中共同声明が 「わが国の基本的立場」 と述べたが、問題は台湾に対する日本政府の態度が過度に中国に配慮していることである。

 共同声明は 「日本国政府は、この( 台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であるとする )中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重する」 などとある。

 これは文字通り、中国の立場を尊重することを意味しているが、一方で日本の独自の判断まで否定しているものではない。 しかし、実態は中国の主張をそのまま受け入れる形になっており、もっと柔軟性を示してよい。

 台湾では日本統治時代( 明治28年~昭和20年 )に教育を受けたいわゆる 「日本語世代」 を含め、日本に親近感を抱く人が少なくない。 馬英九総統は東日本大震災発生の翌日に緊急援助金を発表したが、集まった義援金の大半は心がこもった個人の寄金である。

 人口2300万人の台湾から日本への観光客は一昨年は138万人、震災の昨年でさえ114万人にものぼった。 日本に支援を差し伸べてくれた隣人への非礼に対する謝罪の意を、政府はきちんとした行動で示すべきだ。 それが、復興に向けたけじめである。





( 2012.03.14 )

   

 3月11日の東日本大震災の一周年追悼式典に台湾代表として出席した台北駐日経済文化代表処のこんさん副代表を日本政府が指名献花から外した問題で、藤村修官房長官は13日午後の記者会見で 「事務レベルの仕切りに問題があったとは思わない」 と述べた。 台湾は震災発生後、いち早く支援を申し入れ、世界最高規模の約200億円の義援金を送った。 民間からは被災地も含め台湾への感謝のメッセージが相次いでいるが、日本政府の対応は国民感情とはかけ離れている。

 「外交団という仕切りの中で整理された。 外務省と内閣府で式典のやり方を十分に調整された」、 「外交団の仕分け( 基準 )は外務省にきちんとしたものが伝統的にある」

 藤村氏は13日の会見で、追悼式典の準備に当たった外務省と内閣府が事務レベルで台湾をリストから外したこと自体には問題はないとの認識を強調した。 自らの対応については 「配慮が足りなかったかどうかを反省材料にする」 と述べた。

 外務省は日本に公館を置いている150カ国、中国などにある公館で日本を担当している18カ国、経済協力開発機構( OECD )など35の国際機関に追悼式典への案内状を出し、約160人の外交団が式典に参加。日本が国家承認していないパレスチナの代表も例外的に外交団として扱われた。

 だが、外務省は台湾の駐日大使館に相当する台北駐日経済文化代表処を 「民間団体のステータスで呼んだ」 ( 同省儀典官室 )と説明している。 そのため、羅副代表は外交団がいた会場1階の来賓席ではなく2階の企業関係者などの一般席に案内され、国名が読み上げられる 「指名献花」 の対象にもならず、一般参加者と一緒に献花したという。

 藤村氏は12日の参院予算委員会で 「事務方ですべておぜん立てした。 台湾に関するわが国の基本的立場は1972年の日中共同声明の通りだ」 と語り、台湾が中国の領土の不可分の一部との中国政府の立場を 「理解し尊重する」 としている日中共同声明をもとに機械的にリストを作成したことを認めた。

 参院予算委でこの問題を追及した自民党の世耕弘成参院国対委員長代理は13日、 「事務方で調整していようといまいと、台湾を各国代表の枠の中で扱わなかったのは問題だ」 と非難した。

 野田佳彦首相は12日の参院予算委で、世耕氏の指摘を受けて陳謝し、 「行き届いていなかったことを深く反省したい」 と述べた。 外務省によると、この発言に対し、13日時点で中国政府からの反応はないという。

 もっとも、輿石東幹事長を団長とする訪中団の派遣を23~25日に控える民主党政権が、台湾への配慮を示せたかどうかは疑問だ。

 杏林大名誉教授で外交評論家の田久保忠衛氏は 「事実上の独立国の代表に対して非礼だ。 心にしみる支援をしてくれた台湾に何ということをしたのか。 常に中国の顔色を見て外交をする根本的な欠陥を表している」 と痛烈に批判した。





東北大震災への各国セブンイレブンからの義援金は次の通り。

《 各国の募金額 》
台湾約3億368万円
アメリカ・カナダ約6,534万円
タイ約1,600万円
香港約1,188万円
シンガポール約1,127万円
マレーシア約528万円
ハワイ約418万円
メキシコ約387万円
インドネシア約293万円
●韓国74万円
フィリピン約30万円
総額約4億2,551万円
 
《 1店舗あたりの募金額 》
ハワイ77,407円
台湾63,892円
シンガポール20,491円
香港12,518円
インドネシア10,851円
アメリカ・カナダ9,846円
マレーシア4,275円
メキシコ3,120円
タイ2,684円
フィリピン520円
●韓国217円

 貨幣価値が違うので単純に比較にはなりません。 セブンイレブンの店舗数も。 最下位フィリピンに店舗数が少ないことに留意すれば、実質的最下位は韓国かな。

 台湾突出は有名ですが、タイはもろもろ考えるとこの国の日本に寄せる心も、突出していますよ。 タイをもっと大切に。 マレーシアも絶対金額は多くはないですが、この国としては精一杯のありがたい誠意です。 インドネシアもね ……。
有難いことです。 特定アジアを除いてですけど。

 日本がいったいどれだけの金銭援助を韓国にして、経済危機による崩壊を救って来たかを考えると恩知らず、いえまっとうな人の心を持っていないのではないかと思わざるを得ません。 今更ですけど。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~