( 2010.07.28 )



 28日に就任後初めて死刑執行に踏み切った千葉景子法相は、死刑制度反対論者として知られてきた。 27日にも 「死刑は大変重い刑」 と死刑に慎重姿勢を強調していたが、実は死刑執行の命令書に署名したのは24日のことだった 法相の職責をようやく果たしたともいえるが、国民をたばかる不意打ちだといわれても仕方ない。 30日召集の臨時国会で野党側からの追及をかわす思惑も透けて見え、死刑囚の命をもてあそぶ政治パフォーマンスのにおいすら漂っている

 千葉氏は28日、死刑執行の一方で、死刑廃止を検討する勉強会を法務省内で発足させることも表明し、本心は異なることをアピールした。 この日死刑となった2人は、まるで千葉氏の政治的都合のために便宜的に命を奪われたかのようだ

 千葉氏は昨年9月発足の鳩山内閣で法相に就くまでは 「死刑廃止を推進する議員連盟」 に参加。 死刑反対の姿勢を貫き、平成元年には日本人拉致実行犯である北朝鮮の元工作員、辛光洙シンガンス元死刑囚の釈放嘆願書にまで署名したほどだ。

 鳩山由紀夫前首相は民主党幹事長時代、 「法相は死刑執行をしなければ資格はない。 死刑を多くの国民が求めている時代だ」 と指摘していた。 千葉氏は鳩山内閣時代、 「そういう( 鳩山氏の )発言があったことは覚えているが、適切に対応したい」平然と無視してきた が、そうした信念も底の浅いもの だったようだ。

 千葉氏は死刑を執行しないと信じ、しばしの安堵を得てきた死刑囚たちは、心をなぶられた形だ。

 また、千葉氏は今回の死刑執行にあたり、最後の死刑執行からちょうど1年の28日を選び、法相としては異例の立ち会いもした だが、そんな政治的演出めいたやり方は、厳粛であるべき人の死に際し、本当に必要だったのか

 そもそも先の参院選での千葉氏の落選は、有権者が千葉氏の法務行政に 「否」 を突き付けたともいえる。 法的に問題はなくとも、民意の承認を得られなかった法相による死刑執行は、どこかに落ちない。




( 2010.07.27 )


 千葉景子法相は27日、民間人閣僚となって初めての記者会見で、法相の権限である死刑執行について 「死刑は大変重い刑であり、これまでも慎重に対応されてきた」 と述べ、従来の方針通り死刑執行命令には署名しない考えを示唆した

 千葉氏は 「民間人であろうとなかろうと、死刑執行が大臣の職責であることは認識している」 としながらも、 「( 死刑判決確定後も )再審が起こされていないとか、心身に問題がないかも含め、死刑は慎重にならざるをえない刑罰だ」 と述べた。

 刑事訴訟法では 「死刑の執行命令は判決確定から6カ月以内」 と定められているが、千葉氏の法相就任後、一度も死刑は執行されていない。 千葉氏は 「決してよろしいとはいいにくいが、それだけ死刑は大変、重い」 と釈明した。

 しかし、翌日には 「執行命令書に署名したのは24日」 と判明
 この会見での 『言葉』 は ……?



( 2010.07.28 )



 「きちんと見届けることも責任と考えた」

 ダークグレーのスーツに水色のスカーフ姿で会見に臨んだ千葉景子法相は、厳しい面持ちで大臣就任後初となる死刑執行を表明、執行への立ち会いも明らかにした。

 「( 法相の立ち会いは )おそらく初めてだろう」 と語った千葉法相。 「自らの目で確認させていただき、改めて死刑について深く考えさせられ、根本からの議論が必要と強く感じた」 と国民的な議論の必要性を強調した。

 執行に踏み切った理由については 「色々な要素があった」 「これまでの検討の結果、執行に至った」 と述べるにとどまり、詳細には言及しなかった。

 一方、過去には議員として死刑反対の立場をとってきたにもかかわらず執行を命令したことについて報道陣から問われると、 「( これまでと )考え方を異にしたわけではない。 法務大臣として職責が定められていることを承知しながら、大臣職をさせていただいてきた」 と述べた。




( 2010.07.28 )



 千葉景子法相が28日、就任後初の死刑執行に踏み切ったことについて、野党各党の幹部からは批判や疑問の声が相次いだ。

 自民党の川崎二郎国対委員長は同日の記者会見で 「なぜ( 議員任期中の )5、6月に判断しなかったのか。 国民からレッドカードを受けた人がすべきことではない」 と批判。 公明党の山口那津男代表も、記者団に対し 「民意を得られなかった人が引き続き職務に携わることがいかがなものかと問われているときに、こうしたことを行うのは国民の理解は得られない」 と語った。

 みんなの党の江田憲司幹事長は同日の記者会見で 「死刑執行のハンコを押すこと自体は法務相の職責としてあり得ること」 とした上で 「なぜ問責が出るかどうかという極めて微妙なタイミングにあえて死刑執行の印を押したのか、まず説明してほしい」 と述べた。




( 2010.07.28 )



 民主党の枝野幸男幹事長は28日、千葉景子法相が2死刑囚の死刑を執行したことについて 「( 千葉氏が )執行命令書に署名したのは24日だと聞いている」 と述べ、参院議員在職中にサインしていたことを明らかにした

 また、千葉氏が死刑廃止論を唱えていたことに関して 「粛々と法に基づいて執行を行ったと受け止めている。 立法政策論としての( 個人的な )考え方と、国務大臣としての責任は別問題だと千葉さんも認識をしている」 とコメントした。




(2010.07.30)

 


 死刑囚2人の死刑が執行された。 昨年7月以来1年ぶりである。 民主党政権で法相に就任しながら執行命令を下さなかった千葉景子氏が命令書に署名した。

 刑事訴訟法は死刑確定から6カ月以内に刑を執行することを定めており、当然のことが当然になされたにすぎない。 法の執行は、粛々と行われるべきものである。

 千葉法相は弁護士出身の死刑廃止論者としても知られており、死刑執行に立ち会い、 「きちんと見届けることも責任と考えた」 と話した。 法相の立ち会いは初めてのことだという。

 そのうえで、 「自らの目で確認させていただき、改めて死刑について深く考えさせられた。 根本からの議論が必要と強く感じた」 と語り、死刑制度の存廃を含めて検討する勉強会を省内に立ち上げる意向を示した。

 これでは 議論を始めるための執行 だったように聞こえる。

 刑事訴訟法は 「死刑の執行は法務大臣の命令による」 と定めているが、執行への立ち会いまでは求めていない 千葉法相の行動は後任法相へのプレッシャーになるばかりか、裁判員の判断にも影響を与える。

 2年目を迎えた裁判員裁判では、いずれ裁判員が死刑の判断を迫られる。 ただでさえ、一般から選ばれた裁判員には死刑を選択することへの抵抗感がある。 法相は執行後の記者会見で 「裁判員裁判によって刑事司法に対する関心が高まり、自ら判断する責任を国民も負う」 とも語った。 自らの行動と合わせれば、 「執行に立ち会う責任感で死刑判断を」 と国民に求めた ようなものだ。

 裁判員制度の導入では、法律に詳しくない裁判員に対していかに予断を与えないか、関係者は苦慮してきたはずだ。 法相の発言は、これ以上ない 「予断」 になるのではないか

 平成19年以降、執行された死刑囚の氏名が公表されるようになった。 内閣府が今年2月に公表した世論調査では、死刑を容認する意見が過去最高の85.6%に達している。

 千葉法相は東京拘置所の刑場を報道機関に公開する方針を示した。 死刑に関する情報の公開は進め、論議は深めなければならない。 しかし、刑の執行とは離れて行われるべきだ。

     ◇

 平成5年3月、後藤田正晴法相が3年4ヵ月ぶりに死刑執行に踏み切ったと、当時のメディアは一斉に報じた。 法相は死刑廃止論に同調していると思われていたから、驚きの声が上がった。

秘書官によると、前年末の法相就任以来、自宅に関係図書を何冊も持ち帰り、この問題を考え続けていたようだ。 その上で下した決断は明快だった。 参院法務委員会で、死刑廃止論者の野党議員の質問にこう答えている。
「法相が個人的な思想信条で( 執行命令を )しないとなれば、初めから大臣就任が間違いだ」。 死刑に背を向けた過去の大臣への批判でもある。 「カミソリ後藤田」 の面目躍如たるものがあった。
ただ法務省は死刑執行の事実を表向きには明らかにできない。 後藤田もあくまで 「一般論」 と、ことわらなければならなかった。 死刑囚の名前と犯罪事実を公表するようになったのは、鳩山邦夫法相からだ。 「死刑の自動化」 発言では批判を浴びたが、情報公開の道を開いたことは評価していい。
千葉景子法相が28日朝、2死刑囚の死刑執行を発表した記者会見には、驚いた。 失礼ながら、参院選落選を受けての引退会見かと早とちりしたせいもあるが、まさか拘置所で刑の執行に立ち会ったとは。 千葉氏は筋金入りの死刑廃止論者だ。 昨年9月の法相就任以来、一度も死刑を執行しなかったというのに、参院議員の任期満了の前日、執行命令書に署名した理由は何か、理解に苦しむ
「法相が執行しなくては、法秩序、国家の基本がゆるがせになる」 と後藤田は答弁を続けた。 国家の基本に対するこのような覚悟が感じられないから、千葉法相の振るまいが、どうしても 「パフォーマンス」 に見えてしまう





 千葉法務大臣は、死刑には反対だが死刑を見ておく必要があるという理由で、二人の死刑執行を命じた上でその 「死刑を見学」 した人物である。 二人の死刑囚は、罪を償うためではなくコイツが見学するために死刑を執行されたのだ。
 つまり、コイツは法務大臣の職務によるのではなく、人が殺されるところを見たいという恣意により死刑執行を命じたのだ。 実に即物的で唯物的で冷酷で嫌な心情の持ち主である。








 久しぶりに胸のすくような知らせに触れたで。 あの千葉景子センセイが落選して、もはや “タダの人” になってしもうたのである。

 あとは千葉・元センセイ、余生を土いじりでもしたり、 「永住外国人への地方参政権」 を与えられんようになった、おわびがてらに韓流ドラマツアーにでも行っとるのか …… と思うとったら、何やて、まだ法相、続けるんやて?

 そりゃあ法律では 「アホ」 でも 「売国奴」 でも、閣僚になれるやろうけど …… いやアカン、アカン、 「夫婦別姓」 も 「死刑反対」 も、オノレがやっとる分にはかまわんが、わが国の法律をつかさどる法務大臣なんやで。 “悪法” づくりをたくらんどる千葉・元センセイだけは許したらアカンのや。

 それでのうても、政権与党には、ぎりぎり当選して浮かれまくっとる輿石こしいしセンセイが日教組の後ろ盾でまた、舞い戻ってきたばかりや ……。

 それだけやない。 もはや、日本では存在価値のない 「アナクロ政党」 の女性党首も、税金で食わせてやらんとアカンのや。

 話がそれてもうたが、千葉・元センセイ …… 「ハジ」 という日本語をご存じやったら、とっとと消えてくれ。

 はっきり言うて、アンタの名は、もう見とうないんや。

 あッ、やめる前にしてもらわなアカンことがあったで。 “落ちた腹いせ” に、たまりにたまった死刑確定囚の、執行命令書にハンコ押しまくって、“跡を濁さん” ようにしてくださいよ。

 元オウム真理教信者の死刑確定囚が、いったい何人おるんか、知っとるんやろ。 日本は 「法治国家」 やで。

 よけいなことは考えんと、最後ぐらい法相の義務をしっかり果たしたれよ。 それが 「行政の継続性」 や。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~