( 2015.05.12 )

  
     


 デフレ、円高、株安に震災、そして原発事故と、あまりにも試練が多すぎたここ最近の日本。 いまだに垂れ込める厚い雲は、誰が吐き出したものなのか。 ハッキリさせておこう。 この国の未来のために。



 せっかく景気が上向き始めたというのに、どこか気分が晴れないのはなぜだろう。 株価がどれだけ上がっても、相変わらず日本社会に蔓延する 「閉塞感」 はいったい、どこから来るのか ──。 日々のニュースを眺めながら、なんとなくこう感じている人も多いはずだ。

 今回、長きにわたって政界を見守ってきた識者たちに、 「21世紀の日本をダメにした最大の 『戦犯』 は誰か」 を聞いた。 最も多くの識者が挙げたのは、3年と3ヵ月の間政権を担った、民主党政権の人々である。 彼らは国民の期待を一身に受けながら、それを裏切り、粉々に打ち砕いた。 政治評論家の田崎史郎氏がまず言う。
「そもそも、民主党に政権運営を担う実力があったのか、ということです。 官僚を動かすことはおろか、党内をまとめることさえできなかった。 現在の安倍政権のしたたかさと比較するならば、赤ちゃんと大人ほどの実力差があったといえます」
 たった6年前、民主党は日本中の期待を一身に集めていた。 政権交代以外に道はない―国民は心からそう信じ、'09年夏の総選挙に臨んだ。 その結果が、308議席の圧勝と、支持率70%の鳩山由紀夫政権誕生だった。

 しかし、いきなり雲行きが怪しくなる。 「日本を変える」 と喧伝した彼らの公約 「マニフェスト」 は、とうてい実現不可能なシロモノだったのだ。 東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が振り返る。
「特に問題だったのは、沖縄の基地問題への対応でしょう。 『最低でも県外』 という言葉はあまりに有名ですが、当時、鳩山氏の発言に民主党議員からほとんど異論が出なかった。 つまり鳩山氏だけでなく、民主党の公約だった。 しかし、その政策が正しいのか、どうやったら実現できるのかについて議論する雰囲気さえ党内になかったのです」
 政治評論家の浅川博忠氏も、こう述懐した。
「'09年当時、官邸で鳩山総理に会った時、私は 『今からでも発言を撤回して謝ったほうがいい』 と言いました。 しかし鳩山さんは自信に満ちた表情で 『そんなことはない』 と答えた。 『何か案があるんですか』 と聞いたら、 『徳之島だ』 と言うんです」
 当時、民主党は鹿児島県の徳之島に飛行場を移そうと考えていたが、地元の強い反対で後に断念したという経緯がある。

 「私はすでに徳之島の首長が軒並み移設に反対しているという情報を掴んでいたので、鳩山さんにその旨を伝えました。 でも彼は 『それは違う。 大丈夫だ』 と言い張る。
 つまり彼は、側近が上げてきた 『絶対に大丈夫』 という報告を信じ込み、正しい情報を全く把握していなかった。 結局その数ヵ月後、発言を撤回することになるわけです」

 思いつきで夢のような政策をぶち上げるが、実現のためにどう動けばいいのか分からず、現場を仕切る人材もいない。 ずぶの素人が官邸の主になったも同然だった。

 対案も根回しもなく 「県外移設」 を断言する鳩山氏に、アメリカ政府は激怒。 さらに日米関係の亀裂を突くように、中国は尖閣諸島周辺の海へ船舶を次々侵入させた。 裏切った期待の大きさ、そして日本の国益に与えたダメージという点で、鳩山氏は群を抜いている。




 民主党にはムリかもしれない ── 鳩山政権の体たらくに、少なからぬ国民がそう気づいたが、簡単に後戻りも効かない。 後を受けた菅直人総理も、悪い意味で歴史に名を残す総理となってしまった。

 菅氏が東日本大震災発生翌日の2011年3月12日、ヘリで福島第一原発に降り立ち、事故現場をさらに混乱させたことは知られている。 なぜ彼はこの無謀な 「現地視察」 に踏み切ったのか。 政治アナリストの伊藤惇夫氏は 「そもそも、総理としての器に問題があった」 と分析する。
「私は、総理大臣には 『なったら総理』 と 『なりたい総理』 がいると考えています。 つまり 『総理になったら何をするか』 と考えて総理になる人と、 『ただ総理になりたい』 というだけの人。 菅さんは後者の典型で、初当選の頃から 『総理になるにはどうしたらいいんだ』 と人に聞いて回っていた。 覚悟も理念も哲学もないから、あんなパフォーマンスに出たのでしょう」
 ある意味で、東日本大震災は民主党政権にとってチャンスにもなり得たはずだった。 例えば 「原発を即ゼロにし、再生可能エネルギーを国の主要電源に据える」 といった、自民党には実現できない大胆な改革を打ち出すこともできたのだ。 しかし、菅氏も結局何もできなかった。 鳩山氏と同じく、彼はビジョンも実行力も備えていなかった。 前出の浅川氏がこう語る。
「本来、政権与党は役人をいかにうまく扱えるかが問われます。 しかし、菅さんは彼らに無視され、踊らされただけだった。 『事業仕分け』 も財務官僚はせせら笑っていましたよ。 『民主党には木の枝の先っぽしか見えていない。 それで蓮舫( 参議院議員 )なんかは喜んでいる。 オモチャみたいに軽い政権だ』 と」
 国民の期待を裏切り続け、地に落ちた民主党政権の評価。 それでも国民は、実務家風の野田佳彦総理に 「三度目の正直」 とチャンスを与えた。

 だが野田氏は、またもや国民を裏切った。 それだけではない。 衰弱した日本に追い討ちをかけたのだ。 ジャーナリストの須田慎一郎氏が言う。
「野田政権は 『消費税増税さえ決めなければ』 ということに尽きます。 彼が消費税増税のレールを敷かなかったら、もっと早く日本は景気回復の軌道に乗れたはずでした。
 『年金・医療・介護の財源をまかなうため』 という理屈は分かる。 しかし、本当に日本の財政がそれほど危険だったのかどうかという点は、今も疑問が残ります。 増税するにしても、景気回復を待ってからで間に合ったはずです。 結局、自分が親しかった当時の勝栄二郎財務事務次官以下、財務省の言い分を鵜呑みにしただけなのではないか」
 先の2人の総理は、あまりに政権運営能力がなかったために、役人たちにうまく 「操られる」 ことさえできなかった。 だが野田氏には、中途半端に実務能力があった。 結果として、彼は霞が関の忠実な僕となった。




 鳩山、菅、そして野田。 たった3人の総理、期間にしてわずか3年3ヵ月。 あれよあれよという間に、日本は後戻りのできない窮地に追い詰められた。 なぜ私たちは、 「民主党にやらせてみよう」 と一瞬でも思ったのか ── 政権交代劇で暗躍したあの 「黒幕」 について指摘するのは、京都大学名誉教授の中西輝政氏である。
「'09年当時、政権奪取前夜の民主党内で、最大の実力者は小沢一郎氏でした。 鳩山氏と菅氏は、しょせん小沢氏に使われていたにすぎません。 そして民主党政権誕生をめぐる政局で、小沢氏は勝利しましたが、日本は完全に道を誤ってしまった」
 自民党にいた頃から、小沢氏の行動パターンは変わらない。 「見栄えがよくて軽いみこしを担ぎ、自分は裏で好き勝手に振る舞う」 ── 民主党政権とは結局、小沢氏が権力奪取を目論んでプロデュースし、生み出した政権だったというわけだ。 中西氏が続ける。
「政権交代直前、小沢氏は自公政権を揺さぶるため、国政を機能不全に陥らせたのです。 '07年に自民党との 『大連立』 が失敗すると、翌年に日銀総裁人事に異を唱え、あえて自民党との対決を演出し、自身の求心力を高めようとした」
 この時の日銀総裁人事で、小沢民主党が推した人物こそ、白川方明前日銀総裁だった。

 おそらく小沢氏は、単に 「自民党案に反対できれば誰でもいい」 と考えて白川氏を担ぎ出したのだろう。 だが、この選択が期せずして、日本経済に深刻なダメージを与えることとなる。 前出の長谷川氏が言う。
「白川さんは 『金融政策はデフレ脱却には効果がない』 と考えていましたが、そもそも 『金融政策に物価をコントロールする力がない』 と考える人が金融政策を担当して、上手くいくはずがない。
 金融緩和に実効性があることは、黒田東彦総裁に交替した途端、株価が上昇へ転じたことが証明しています。 白川さんはその逆をやり続け、庶民を円高とデフレで苦しめた。 もし彼が日銀総裁にならなければ、日本はあと5年早くデフレから脱却できていたと思います」
 民主党が下野したとき、多くの国民はこう思った。 「初心者」 に政権を委ねたのは間違いだった。 もう野党には期待できない ──。 ジャーナリストの鈴木哲夫氏が指摘する。
「民主党最大の罪は、国民を失望させ、結果的に現在の自民党一強体制を作り出す手助けをしてしまったことだと思います。
 民主党政権は大事なときに党内をまとめきれず、自民党がマネできないような抜本的改革も、言うだけで実現しなかった。 今、安倍総理の政策に各論では反対の人が多いにもかかわらず、安倍政権が高支持率を保っているのは、国民が野党ひいては政治そのものに幻滅しているからでしょう」
 経済学者で明治大学准教授の飯田泰之氏も、鈴木氏と近い見解を寄せた。
「民主党政権は、国民の期待に応えるどころか、むしろデフレと増税という日本停滞の大きな要因を作ってしまいました。 経済政策があまりにまずかったため、 『リベラル勢力は経済に弱い』 というイメージを国民に植え付けてしまったのです」
 民主党政権に徹底的に裏切られた記憶が、今なお日本人最大の 「トラウマ」 になっているのだ。

 さらに、野党の体たらくについて、少し違った角度から語ったのが評論家の呉智英氏である。
「私は、元社民党党首の福島瑞穂氏も間接的に 『日本をダメにした』 と考えています。 彼女は理想論を学級委員のように唱えるだけで、自分の信念にもとづく政策を決して語ろうとしない。 空論を振りかざすだけの姿に、有権者は 『この人たちに政権を預けても、当事者能力はない』 と幻滅している。 そのせいで、 『野党が何を言ってもムダだ』 という世論まで生まれてしまったのです」
 「与党に反対することが自分の仕事」 と決めてかかり、無責任な立場に安住するさまは、現在の民主党も同じ。こうしている間にも有権者は 「日本にマトモな野党はない」 と不信を募らせているのに、彼らはそれを自覚すらしていないのだ。 このままでは、再び政権を任せてもらえる日は決してやって来ないだろう。

 では、一方の自民党には何の非もないのかというと、まったくそんなことはない。 もとを辿れば、国民が素人集団と分かっていながら民主党に縋らざるを得なくなったのは、自民党政権で日本がガタガタになったからだ。

 東京大学医科学研究所の上昌広特任教授は、医師の視点からこう語った。
「自民党政権で道を誤った政治家というと、森喜朗・小泉純一郎の両元総理が浮かびます。 森政権の前後、内需拡大のために道路工事など公共事業に毎年10兆円近いカネが使われました。 その借金が、いまだに国民にのしかかっている。 あのとき医療や社会保障に投資していたら、ここまで日本の医療はダメにならず、地方の経済が土建依存体質になることもなかった。
 さらに小泉政権は、改革の名の下に科学行政を役所へ丸投げしたので、官僚が好き勝手をするようになり、組織も人材も育たなくなってしまった。 いわゆる 『STAP騒動』 も、過熱する予算獲得競争の果てに起きた事件という側面があります」
 「改革を断行する」 「自民党をぶっ壊す」 と叫び、国民を熱狂させた小泉氏。 だが、今振り返れば、あの頃を境に日本は完全に変わってしまった。

 物事は単純であればあるほどいい。 小難しい理屈は鬱陶しい。 仕事がないのも、貧乏なのも、モテないのも自己責任。 格差はあって当たり前―小泉氏が繰り返した 「ワンフレーズ」 が、日本人の新たな 「価値観」 になってしまったのだ。 評論家の佐高信氏が指摘する。
「私は小泉氏が重用した竹中平蔵氏の存在も大きいと思います。 竹中氏は 『慶應義塾大学教授』 と紹介されることが多いですが、一方では人材派遣会社パソナの会長を務め、かなりの収入を得ているはずです。 それなのに、大学教授の肩書で中立を装って政府の審議会に参加し、労働者派遣法の改悪に手を貸して、あげく 『正社員は必要ない』 とまで主張して憚らない。 さすがにおかしいでしょう」



 そして、竹中氏と同時期に小泉氏に引き立てられた人物がもう一人いる。 安倍晋三現総理である。
「小泉元総理は、自民党のいい部分までぶっ壊してしまった。 党内で異論を唱える人には選挙で 『刺客』 を送り込んで切り捨て、結果として自民党は人材の厚みを失った。 これが現在の、総理に誰一人異論をさしはさめない 『安倍一強体制』 の土壌を生みだしたのです」
( 前出・伊藤氏 )
 確かに今、安倍総理に対抗しうる人物は、自民党の内外を問わず見当たらない。 ポスト安倍政権は 「院政が始まる」 とまで囁かれるありさまだ。 この状況に、前出の佐高氏は懸念を強めている。
「政治家の最も大切な役目は 『国民を飢えさせないこと』 そして 『戦争をしないこと』 ですが、安倍総理は両方破ろうとしています。 TPP( 環太平洋戦略的経済連携協定 )で日本の食を脅かし、周知の通り安保法制も変えようとしている。 反対意見は封じ込め、受け入れない。 とても自民党本流の政治家とは思えません」
 かつて自民党には、タカ派からハト派までさまざまな人材がひしめき、決して 「安倍独裁」 のような状況は生じなかった。 なぜ、清濁併せ呑む 「古き良き自民党」 は消えてしまったのだろうか。

 ひとつの大きな原因は、本来は政権の監視機関たるマスコミが、いまや完全に政権と同じ側に立ち、反対する者を袋叩きにして恥じないことである。
「読売新聞の渡邉恒雄主筆は、言論を殺したと言っていい。 『言論には言論で応じる』 というメディアの原則を破り、批判記事に裁判で応じるなんて、自分の意見に自信がないことの証拠です。
 最近はマスコミ各社の幹部が安倍総理と頻繁に会っていますが、こうした権力との癒着も彼以前にはありませんでした。 メディアの権力監視機能を壊した責任は、極めて重い」

( 前出・佐高氏 )
 2度と過ちを犯さないためには、われわれ国民が時代を読む目を、人を見る目を養うしかない。